top of page
31-1_230326-user31_002.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

ローフォルムを目指してフル加工

18クラウン

大阪

阪中 一輝(24)

最近ではシンプル仕様が多い中、ハードなボディメイクを見せつけるのが阪中クンの18クラウン。ボディは艶やかなソウルレッドでオールペン。オーバーフェンダーは車高の低さも稼ぐため、アーチを思いっきり切り上げる。Kブレイクのエアロも短縮加工してワイド&ローを追求する。

主要スペック

◉エアロ:(F・S・R)Kブレイク加工(W)リバティーウォーク ◉ホイール:ワーク マイスターM1 19inch(F)10.5Jマイナス18(R)11Jマイナス25 ◉ボディカラー:オリジナルソウルレッド

31-2_230326-user31_005.jpg

テールはLED加工でスポーティ感を強調。ライトもワンオフで3連プロ眼仕様を実現。

31-3_230326-user31_003.jpg

19インチのワークマイスターM1。足まわりはロームエアーのエアサスで落としきる。

31-4_230326-user31_009.jpg

開口部には黒で塗装したダミーインタークーラーを投入。製作ショップのロゴも入れる。

31-5_230326-user31_008.jpg

ボンネットだけでなく、トランクまで奥行きのあるダクトを入れたのも斬新で面白い。

ユニークなポーズでまわりを笑わせていた阪中クン。実はドアはガルウイングなのだ。

31-6_230326-user31_011.jpg

参加者全員に聞きました! 今回の撮影会でお気に入りの一台は?

◉まとまりがあり、自分の理想だった。(竜聖サン) ◉ワンオフで個性があって好きです。(智久サン)

32-1_230326-user32_003.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

トーンを抑えて大人っぽく決める

18クラウン

大阪

小野 竜聖(21)

フロントバンパーは他と被りたくないから、開口部が大きくて洗練されたJOBデザインをチョイス。サイド&リアはKブレイクでコーディネイト。ボディカラーはちょっと暗めのライトブラウン。ホイールやダミーインタークーラーはブラックで塗装して、全体的に渋い雰囲気を醸し出す。

主要スペック

◉エアロ:(F)JOBデザイン(S・R)Kブレイク(W)リバティーウォーク ◉ホイール:ワーク マイスターM1R 19inch(F)9Jプラス25(R)10Jプラス25 ◉ボディカラー:ライトブラウン改

32-2_230326-user32_004.jpg

リバティーウォークの3分割ハネがヤンチャっぽい。社外のテールもスモークで締める。

32-3_230326-user32_005.jpg

ディスクはもちろんリムまで黒で塗ったマイスターM1。フェンダーダクトはワンオフ。

32-4_230326-user32_008.jpg

他と被らないデザインを作り上げたボンネットダクト。バッドフェイスでワルっぽく。

32-5_230326-user32_007.jpg

ディフューザーの塗り分けも抜かりなし。マフラーはスリーキャッツ4本出しを加工。

セクシーポーズで周囲を魅了する(?)小野クン。大阪オートメッセ出展が目標だとか。

32-6_230326-user32_011.jpg

参加者全員に聞きました! 今回の撮影会でお気に入りの一台は?

◉ボンネットが良いと思いました。(一輝サン)

33-1_230326-user33_002.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

理想通りのワンオフバンパー

210クラウン

大阪

武田 奈菜(30)

一見シンプルだが、オリジナリティのあるワザが詰まった奈菜サンの210クラウン。フロントバンパーは「理想のカタチがなかったので」、ワンオフで製作。ライトもプロジェクター移植やシーケンシャルウインカーで違いを出す。ボディカラーも純正ではなく、オリジナルホワイトパール。

主要スペック

◉エアロ:(F)ワンオフ(S)TRD(R)モデリスタ(W)純正 ◉ホイール:ワーク VS-XX 20inch(F)10Jプラス20(R)11Jプラス20 ◉ボディカラー:オリジナルホワイトパール

33-2_230326-user33_005.jpg

足まわりはユニバーサルエアーのハイブリッドエアサス。アームでハの字を効かせる。

33-3_230326-user33_003.jpg

白ディスクとゴールドピアスが目を引くVS-XX。フロントフェンダーはロイヤル純正。

33-4_230326-user33_007.jpg

もともと社外のフルバンパーが少ない210クラウンだけに、他と差別化を図ることに成功。

33-5_230326-user33_009.jpg

モデリスタのリアに収まるのは、TRD86前期用テールエンドを使った4本出しマフラー。

「今はトランクオーディオを製作中です!」と奈菜サン。お披露目する日が楽しみだ。

33-6_230326-user33_010.jpg

参加者全員に聞きました! 今回の撮影会でお気に入りの一台は?

◉凄くキレイな白色。左右違うホイールで、見え方に変化があってカッコイイ。(晃平サン)

34-1_230326-user34_004.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

モデリスタエアロに個性をプラス

210マジェスタ

熊本県

宮﨑 真(34)

カスタムショップを営んでおり、自社でここまで仕上げた210マジェスタ。「手を加えているのに、純正っぽく見えるようなシンプルVIP」がコンセプト。エアロはすべてモデリスタだが、フロントはKブレイクのモデリスタ用フラップを追加。リアはワンオフマフラーに合わせて開口を製作。

主要スペック

◉エアロ:(F)モデリスタ+Kブレイク(S)モデリスタ(R)モデリスタ加工(W)Kブレイク加工 ◉ホイール:BBS スーパーRS 20inch(F)10Jプラス25(R)10.5Jプラス25 ◉ボディカラー:純正ホワイトパールクリスタルシャイン

34-2_230326-user34_008.jpg

ワンオフマフラーはかなり薄型のオーバル出口を採用。足まわりはカズサスのエアサス。

34-3_230326-user34_005.jpg

リムの深さに目を奪われる、BBSのスーパーRS。大きなブレーキも存在感を放っている。

34-4_230326-user34_011.jpg

Kブレイク・MSPのフラップが、モデリスタのスポイラーにボリュームを与えてくれる。

34-5_230326-user34_012.jpg

最近のセダンは純正でも質感が高いが、それに満足せず各部を張り替えて一歩先を行く。

「極力高級感を崩さないパーツを選びました」。今後は外装のフルリメイクを予定。

34-6_230326-user34_015.jpg

参加者全員に聞きました! 今回の撮影会でお気に入りの一台は?

◉モデリスタエアロとBBSホイールのマッチングが良いと思う。(翔太サン) ◉完成度が高かったです。(洋平サン) ◉自分と同じ車種なので気に入りました。(芳博サン) ◉シンプル。(満サン) ◉マジェスタにスーパーRSの組み合わせが凄く好みでした。(優翔サン)

35-1_230326-user35_004.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

オーバーフェンダーにレアなMAE

18マジェスタ

福岡県

柴田 裕平(31)

前後5センチの滑らかなオーバーフェンダーとバランス良く付けたキャンバー角により、ドッシリとしたムードが漂う柴田クンの18マジェスタ。モードパルファムのフロントは、40LS600h中期のオプションフォグを移植。形状が独特で移植の難易度が高いフォグだが、違和感なく収めている。

主要スペック

◉エアロ:(F・S)モードパルファム加工(R・W)Jユニット加工 ◉ホイール:OZ MAE 18inch(F)12Jプラス5(R)12Jマイナス20 ◉ボディカラー:ソニックイリジウム

35-2_230326-user35_007.jpg

Jユニットのウイングはトランクと一体化。ボディはソニックイリジウムでオールペン。

35-3_230326-user35_005.jpg

今でもファンが多いOZのMAE。ブレンボのブレーキはちょっと贅沢にチラ見せ。

35-4_230326-user35_011.jpg

ドア内張りやピラー、ダッシュボードまで貼り替え。パネルはシルバーで精悍にキメ。

35-5_230326-user35_010.jpg

内装と色を合わせたトランクオーディオ。ワンオフのエアサスはパイピングで魅せる。

「フェンダーとウイング、トランクオーディオにこだわりました」と語る柴田クン。

35-6_230326-user35_013.jpg

参加者全員に聞きました! 今回の撮影会でお気に入りの一台は?

◉とにかくキレイで、内装もボディカラーとマッチしていて、めちゃくちゃカッコ良かったです。トータルバランスが良き!(光希サン) ◉OZ MAE×ブレンボの組み合わせが最高。内装もクオリティが高く、キレイでまとまりのある仕上がりが良い。フェンダーラインの作り込みもGOOD。(省吾サン) ◉ボディ色がめちゃめちゃキレイでした。(全昭サン) ◉高級ホイールの組み合わせ、内装のクオリティがいい。(真サン) ◉自分も同じクルマに乗っていて、凄く勉強になりました。(清森サン)

36-1_230326-user36_002.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

ラメ入りシルバーに身を包む

210クラウン

愛知県

近藤 夕子(ー)

大阪のプロショップ、スパークファインで210クラウンをフルリメイクした夕子サン。フロントバンパーはエイムゲインを加工し、開口にはデイライトを仕込む。シルバーソニック所属だけに、粒子が細かいラメをふんだんに加えたオリジナルシルバーのボディカラーも見て欲しいポイント。

主要スペック

◉エアロ:(F)エイムゲイン加工(S)エイムゲイン(R・W)ワンオフ ◉ホイール:ワーク グノーシスCVX 20inch(F)10Jマイナス41(R)11Jマイナス53 ◉ボディカラー:オリジナルシルバー×ラメ

36-2_230326-user36_007.jpg

スパークファインでワンオフした3分割ハネ。サイドのラインは立体感を持たせている。

36-3_230326-user36_004.jpg

アーチは滑らか、しかしミミはクッキリのフェンダーにセットしたグノーシスCVX。

36-4_230326-user36_009.jpg

アスリートのフェンダーは出っ張りがあるため、ロイヤルのフェンダーをベースに加工。

36-5_230326-user36_005.jpg

4独で実用性が高いイデアルのスーパーマキシマムエアサスでダウン。ツラも美しい。

「フェンダーはナチュラルなラインを意識し、ホイールとのバランスを追求しました」。

36-6_230326-user36_012.jpg

参加者全員に聞きました! 今回の撮影会でお気に入りの一台は?

◉シルバーラメがいい。イカツい感じが良い。(真サン) ◉クルマの作りと色がキレイ。(篤士サン) ◉まとまっていてカッコイイ。(裕斗サン)

37-1_230326-user37_002.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

ストレスなく走れるローフォルム

210クラウン

滋賀県

遠藤 庸平(33)

ドレスアップのテーマは、「街乗りできるカッコいいクルマ」。イデアル車高調で落としているが、快適に街中を走れるダウン量。この低さなら毎日楽しく乗れそうだ。またKブレイクが好きなので、トランクスポイラーとルーフスポイラーを装着。リアまわりにオシャレさが備わった。

主要スペック

◉エアロ:(W)Kブレイク ◉ホイール:ワーク VS XV 20inch(F)9J(R)10J ◉ボディカラー:純正202ブラック

37-2_230326-user37_006.jpg

ルーフスポイラーを装着したことで、視覚的により車高が下がっているように見える。

37-3_230326-user37_004.jpg

高級感たっぷりなメッシュデザインにひと目惚れして、VS XV20インチをセットした。

37-4_230326-user37_010.jpg

キリッとしたデザインのヘッドライトは、210クラウンの人気ポイントのひとつである。

37-5_230326-user37_009.jpg

純正のプレスラインまで考慮した、小振りサイズなKブレイクのトランクスポイラー。

Kブレイクが大好きという遠藤クン。「アスリート用のエアロが出たら付けたいです」。

37-6_230326-user37_011.jpg
38-1_230326-user38_003.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

ブラックとゴールドの最強コンビ

210マジェスタ

兵庫県

原山 和彦(47)

トヨタの伝統と言える202ブラックのボディに映えるのが、ゴールドの王冠マークとトランクエンブレム。ブラックとゴールドの組み合わせは昔から高級車の王道だった。さらにJユニットのフロントとエイムゲインのサイド&リアで下まわりにボリュームを与え、車高の低さをさらに強調。

主要スペック

◉エアロ:(F)Jユニット(S・R)エイムゲイン ◉ホイール:ウェッズ クレンツェウィーバル 20inch(F・R)8.5J ◉ボディカラー:純正202ブラック

38-2_230326-user38_007.jpg

Tディメンドのエアサスで他を圧倒するローフォルムを実現。アームもTディメで統一。

38-3_230326-user38_004.jpg

気品のある3ピースメッシュのクレンツェウィーバル。ブレーキもTディメンドを奢る。

38-4_230326-user38_009.jpg

今のクルマではなかなか見られないボンネットマスコット。遊び心で取り入れた逸品。

38-5_230326-user38_010.jpg

テールランプは4灯化に加え、ウインカーのシーケンシャル加工で視線を引きつける。

「Tディメンドのパーツを多用したプチコンプリート仕様です(笑)」と原山サン。

38-6_230326-user38_013.jpg

参加者全員に聞きました! 今回の撮影会でお気に入りの一台は?

◉乗ってみたいと思うクルマだった。(夕子サン) ◉シンプルですが、手を加える所はしっかりしてあって、ドストライクな210マジェスタでした。(龍一郎サン)

39-1_230326-user39_003.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

珍しい鳳凰エディションをセット

210クラウン

徳島県

長田 賢治(40)

前後バンパーはエイムゲイン、サイドはTRDというスタイリッシュなエアロメイクがウリ。サイドだけブランドを変えたのは、スタイリッシュなデザインが気に入ったから。エアサスとショートナックル、ブレーキはイデアルでコーデ。ブレーキはウェーブローターなどフルオプション。

主要スペック

◉エアロ:(F・R)エイムゲイン(S)TRD ◉ホイール:ワーク ジスタンスW5S鳳凰エディション 20inch(F)9.5Jプラス32(R)10Jプラス35 ◉ボディカラー:純正202ブラック

39-2_230326-user39_006.jpg

エアサスの使い勝手は大満足。見事な被り具合だが、もう少し車高を落としたいとか。

39-3_230326-user39_004.jpg

ジスタンスW5Sは、100本限定の鳳凰エディション。バフフィニッシュの輝きが渋い。

39-4_230326-user39_008.jpg

フロントバンパーはエイムゲインの純VIP GT。フォグレスにしてスポーティ感を演出。

39-5_230326-user39_010.jpg

リアバンパーも同じくエイムゲイン。丸型のバックフォグがワンポイントとなっている。

いつかは着地レベルまで落としたいと考えており、「フェンダー加工もやりたいです」。

39-6_230326-user39_013.jpg
40-1_230326-user40_002.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

撮影会のために車高を煮詰める

210クラウン

兵庫県

濵辺 賢吾(23)

やり過ぎないドレスアップをモットーとしているため、エアロはエイムゲインのフロントリップのみ。こちらは知り合いから譲ってもらったもので、抜かりなく加工が施されているから他と被ることはない。車高調はイデアルのハイパーフット。撮影会に参加するためさらに落としたとか。

主要スペック

◉エアロ:(F)エイムゲイン加工 ◉ホイール:ワーク ランベックLD1 19inch(F)8.5Jプラス30(R)9.5Jプラス28 ◉ボディカラー:シルバー

40-2_230326-user40_008.jpg

中間パイプはスリーキャッツ、リアピースはJフォースとサウンドにもこだわっている。

40-3_230326-user40_005.jpg

ディッシュホイールの中で、デザインが最もキレイに感じたランベックLD1をセレクト。

40-4_230326-user40_010.jpg

ライトの下にはセンスブランドのアンダーアイライナー。鏡面仕上げのステンレス製。

40-5_230326-user40_011.jpg

リアバンパー自体は純正だが、焼き色入りのマフラーは延長して目立ち度を底上げした。

「直前になって焦って下げたから、ちょっとツラウチ気味になっちゃいましたね」。

40-6_230326-user40_014.jpg
41-1_230326-user41_003.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

信頼性に惹かれたTディメンド

210クラウン

兵庫県

松本 光司(25)

ラグジュアリーなロイヤルをベタベタに落とした松本クン。車高調ではなくTディメンドのエアサスを組み、利便性をキープ。さらにアームとブレーキもTディメンドでコーディネイト。「パーツの精度が高いところがお気に入りです」。シンプルだけど実はやっている、そこが魅力的。

主要スペック

◉エアロ:(R)アスリート前期純正 ◉ホイール:SSR エグゼキューターCV05 19inch(F)9.5J(R)10.5J ◉ボディカラー:シルバー

41-2_230326-user41_007.jpg

マフラーで個性を出したいから、リアバンパーはアスリートの前期用に変更している。

41-3_230326-user41_009.jpg

ホイールはエグゼキューターCV05をセレクト。コンケーブの深さにひと目惚れした。

41-4_230326-user41_008.jpg

高級志向のオーナーに大人気のコーナーポール。ディーラーで後付けしてもらった。

41-5_230326-user41_010.jpg

テールエンドはシンプルな真円左右出し。フルストレートだから迫力のサウンドを放つ。

上質なベージュ内装をアピールしたいから、「あえてフィルムは貼りませんでした」。

41-6_230326-user41_012.jpg

参加者全員に聞きました! 今回の撮影会でお気に入りの一台は?

◉ボディ色、ホイール、キャンバー角がとても良いです。(芳博サン) ◉シルバーで全体的にバランスが良かったです。(全昭サン) ◉ロイヤルで、カラーも珍しく、足まわりがTディメンドで、キレイに仕上がっていた。(悠人サン)

42-1_230326-user42_003.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

黒いボディに映えるエクイップ

210クラウン

兵庫県

坂田 愛実(24)

シンプルでありながらイカツいスタイルを目標とし、あえてエアロを組まずに車高の低さで自分らしさを主張する愛実サン。社外の車高調で落としているが、純正バンパーは地面スレスレ。この低さで兵庫県からやって来たのだ。そして大好きな19インチのエクイップをインストール。

主要スペック

◉ホイール:ワーク エクイップ 19inch(F)9Jプラス33(R)10Jプラス22 ◉ボディカラー:ブラック

42-2_230326-user42_008.jpg

マフラーはフルストレート。出口ではなく重厚なサウンドでオリジナリティを主張する。

42-3_230326-user42_005.jpg

今でも人気のエクイップ。クロームメッキだから黒いボディとのマッチングもバッチリ。

42-4_230326-user42_007.jpg

アームも調整式に交換してキャンバーを効かせ、重厚感溢れるスタイリングを構築。

42-5_230326-user42_011.jpg

クラウンを探す時に条件のひとつだったのがサンルーフ。ステータス性が高い装備。

「アスリート前期の顔面が大好きなんです」と愛実さん。黒いボディもお気に入り。

42-6_230326-user42_015.jpg

参加者全員に聞きました! 今回の撮影会でお気に入りの一台は?

◉YouTubeで見たことがある車輌で、生で初めて見たけど、低くてカッコイイ。(陽路サン)

43-1_230326-user43_002.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

センスが光るミックスエアロ

200クラウン

兵庫県

前田 隆広(31)

フロントはTRD、サイドはモデリスタ、リアはトムスとミックスエアロで他と被らないスタイリングを実現。ホイールはクレンツェのヴェラーエを履いているが、純正の良さを残したいからツメ加工なしで収めたのがポイント。足まわりは車高調から実用的なエアサスに変更したばかり。

主要スペック

◉エアロ:(F)TRD(S)モデリスタ(R)トムス ◉ホイール:ウェッズ クレンツェヴェラーエ 20inch(F)8.5Jプラス38(R)9.5Jプラス43 ◉ボディカラー:純正ホワイトパールクリスタルシャイン

43-2_230326-user43_005.jpg

リアハーフはツヤありの黒で塗り分けてメリハリを付ける。テールランプはファブレス。

43-3_230326-user43_003.jpg

ウェッズのフラッグシップブランド、クレンツェが大好き。「次もクレンツェ一択!」。

43-4_230326-user43_006.jpg

年式が新しいクルマだからカバーで覆われたエンジン。このカバーをゴールドで塗装。

43-5_230326-user43_007.jpg

エアサスはボルドワールドのアルティマアドバンスバージョン。トランクの奥に設置。

「ライトとグリルは特別仕様車の55thアニバーサリーエディションに交換しました」。

43-6_230326-user43_009.jpg
44-1_230326-user44_004.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

17クラウン用車高調を加工装着

210クラウン

愛媛県

弓山 晃平(23)

コストパフォーマンスの高さが気に入った、ユーローのフルエアロで武装。ウイングは社外のダックテールタイプ。足まわりはブリッツの車高調を組んでいるが、実は17クラウン用。狙いではなく、「間違えて買っちゃいました」。そこでアッパーマウントなどを加工して装着したのだ。

主要スペック

◉エアロ:(F・S・R)ユーロー(W)社外 ◉ホイール:エイムゲイン GTM 19inch(F)8.5Jプラス40(R)9.5Jプラス48 ◉ボディカラー:純正202ブラック

44-2_230326-user44_008.jpg

薄いフラップタイプのエアロだから軽やかなムードが備わった。マフラーは純正を加工。

44-3_230326-user44_005.jpg

赤いセンターキャップがアクセントとなるエイムゲインGTM。19インチをツラで履く。

44-4_230326-user44_009.jpg

Jユニットのマークレスグリルパネルで王冠マークを撤去。フロントマスクがスッキリ。

44-5_230326-user44_011.jpg

スッと斜めに立ち上がったトランクスポイラーが、リアまわりをアグレッシブに見せる。

キャンバーアダプターとスキッドレーシングのリアアッパーアームを装着して参加した。

44-6_230326-user44_013.jpg
45-1_230326-user45_002.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

マフラーのためにバンパーを加工

210クラウン

徳島県

日下 大地(25)

フロントのエアロを割ってしまったので、「あまり被らない」TRDのリップに交換。薄型だからもう割ることはない(はず)。サイドとリアはエイムゲインをチョイスした。リアバンパーは本来メッキのフィニッシャーが内蔵されているが、4本出しマフラーにしたいから加工した。

主要スペック

◉エアロ:(F)TRD(S)エイムゲイン(R)エイムゲイン加工(W) ◉ホイール:ワーク マイスターS1R(F)10Jプラス35(R)10.5Jプラス36 ◉ボディカラー:白

45-2_230326-user45_008.jpg

足まわりはボルドワールドエアサス。ベストスタイルのアームに交換してセッティング。

45-3_230326-user45_005.jpg

スポーティな5本スポーク、マイスターS1Rを装着。バフフィニッシュの美しさも必見。

45-4_230326-user45_010.jpg

リアバンパーの下部は黒で塗り分け。マフラーはエムズスピードの車検対応モデル。

45-5_230326-user45_009.jpg

ステアリングは30アルファード純正のコンビタイプ。実は加工なしでポン付けできる。

「車検に通るドレスアップがモットーです」と日下クン。真面目な整備士なのである。

45-6_230326-user45_014.jpg
46-1_230326-user46_003.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

トムスのエアロでオシャレに振る

18クラウン

岐阜県

横山 直樹(52)

親子2代で18クラウンを所有する横山家。父・直樹サンは所有歴10年目。「シンプルイズベスト」をテーマに、トムスのエアロをフルで組む。「純正が持つキレイなスタイリングを崩さないデザインが好きです」。また美しさを維持したいから、足まわりはあえて純正にこだわっている。

主要スペック

◉エアロ:(F・S・R)トムス(W)純正 ◉ホイール:ロルフハルトゲ F16RSF 19inch(F)8.5Jプラス40(R)9.5Jプラス40 ◉ボディカラー:純正ホワイトパールクリスタルシャイン

46-2_230326-user46_007.jpg

ルーフとの一体感が自分好みだった、シルクブレイズのルーフスポイラーも追加した。

46-3_230326-user46_004.jpg

ホイールはロルフハルトゲのF16RSFに交換したばかり。18クラウンでは珍しい選択。

46-4_230326-user46_008.jpg

後期純正バンパーにピタッとフィットしている、トムスのフロントハーフスポイラー。

46-5_230326-user46_010.jpg

マフラーはロッソモデロのドラーゴ。先端をカールさせたオーバル出口が大人っぽい。

「10年先も愛せるクルマにしたいから」、純正の良さを崩さないドレスアップが理想。

46-6_230326-user46_012.jpg
47-1_230326-user47_003.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

父親のクルマとお揃いコーデ

18クラウン

岐阜県

横山 恭平(25)

父の18クラウンと何かと共通点が多い、息子・恭平クンの愛車。ホイールとルーフスポイラーはお揃いで、足まわりがノーマルなのも父の影響。20代だけに車高を下げたい人も多い中、そこは譲れないポリシー。ただエアロは純正+モデリスタ+シルクブレイズのミックスで差を付ける。

主要スペック

◉エアロ:(F)純正(S)モデリスタ(R)シルクブレイズ ◉ホイール:ロルフハルトゲ F16RSF 19inch(F)8.5Jプラス40(R)9.5Jプラス40 ◉ボディカラー:純正ホワイトパールクリスタルシャイン

47-2_230326-user47_006.jpg

ミックスエアロながらまとまりが良く、足まわりが純正だから毎日ストレスなく走れる。

47-3_230326-user47_004.jpg

父と同じタイミングで履き替えた、ロルフハルトゲF16RSF。サイズも全く同じである。

47-4_230326-user47_007.jpg

エンブレムはグリルの王冠マークを含めゴールドに交換。ゴージャスなムードが漂う。

47-5_230326-user47_008.jpg

張り出したデザインが好みだった純正エアロ。内巻き派の父とは違った方向性で行く。

乗り始めて8年目に突入した恭平クン。「いつまでもキレイな状態を維持したいです」。

47-6_230326-user47_010.jpg
48-1_230326-user48_002.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

マフラーありきのディフューザー

210クラウン

岐阜県

小田垣 和也(22)

基本的には純正のスタイリングを生かしたシンプルなドレスアップ。しかしマフラーはどうしても変えたかったが、ベースがハイブリットだからマフラーの開口がない。そこでガソリン車用ディフューザーに交換して、スリーキャッツのマフラーを装着。出口だけはセンスブランドに変更。

主要スペック

◉エアロ:(R)ガソリン車用 ◉ホイール:ワーク VS-XX 19inch(F)9.5Jプラス32(R)10.5Jプラス45 ◉ボディカラー:純正プレシャスブラックパール

48-2_230326-user48_007.jpg

中間パイプは音割れを防ぐ目的で、小さなタイコを入れたのが密かなこだわりとなる。

48-3_230326-user48_004.jpg

スポーティでありながら高級感も備えた、ワークVS-XXを装着。サイズは19インチ。

48-4_230326-user48_005.jpg

車高調はショップのオススメで選んだというHKS。少しだけ被らせて低さを主張する。

48-5_230326-user48_008.jpg

フォグランプのバルブはヴェレーノのイエローにチェンジ。妖艶なムードを醸し出す。

リアのディフューザーとマフラーは、「納車した時からやりたかったワザでした」。

48-6_230326-user48_012.jpg
49-1_230326-user49_002.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

220クラウン風フェイスで気分一新

18クラウン

滋賀県

藤田 周治(46)

ベースは18クラウンだが、年式を感じさせない理由はドゥのフロントバンパーで220クラウン風フェイスに仕上げたから。「顔面移植しようと思っていたタイミングで発売されたので買いました」。さらにボディカラーも220系に採用された「紅」を選び、完成度がさらにアップした。

主要スペック

◉エアロ:(F)ドゥ(S・R)Kブレイク(W)純正 ◉ホイール:ワーク マイスターS1 19inch(F)9J(R)10J ◉ボディカラー:紅

49-2_230326-user49_006.jpg

足まわりはイデアルのエアサス。現状は機械式だが、今後は電磁弁式に変更したいとか。

49-3_230326-user49_004.jpg

昔から欲しかったマイスターS1。ディスクはゴールドだが、別の色に塗り替える予定。

49-4_230326-user49_007.jpg

ドゥのバンパーでイメージがガラッと変わったフロントマスク。専用フォグも追加した。

49-5_230326-user49_009.jpg

リアバンパーはKブレイクハイパーゼロカスタム。両サイドのダクトを埋めてスッキリ。

「2年前にフロントバンパーを交換するついでに、今の色でオールペンしました」。

49-6_230326-user49_011.jpg
50-1_230326-user50_003.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

フェンダーにスポーティ感を注入

210クラウン

奈良県

奥田 智久(43)

奥田サンの210クラウンは、躍動感溢れるスポーティ仕様。ワンオフのワークスフェンダーはビス留め仕様。しかもダクトが入っているからレーシーなオーラを醸し出す。エアロはブレーン・X10のフロントと、モデリスタのリアでコーデ。純正バンパーを加工してデイライトを投入。

主要スペック

◉エアロ:(F)ブレーン(R)モデリスタ(W)ワンオフ ◉ホイール:SSR フォーミュラメッシュ 19inch(F)10Jマイナス31(R)12Jマイナス34 ◉ボディカラー:ホワイト

50-2_230326-user50_008.jpg

もともと購入時に着いていた車高調で落としていたが、イデアルのエアサスに変更した。

50-3_230326-user50_004.jpg

ネオクラシカルなSSRフォーミュラメッシュ。ディスクは目映いレッドに染め上げた。

50-4_230326-user50_009.jpg

ホイールに合わせて、ライトをカラ割りしてインナーをレッドで塗装。統一感が向上。

50-5_230326-user50_011.jpg

スポーティ感を底上げするワンオフの2本足ウイング。こちらも部分的に赤で塗った。

サイドとリアにワンオフフラップを追加して、外装をよりスポーティに仕上げたいとか。

50-6_230326-user50_012.jpg
51-1_230326-user51_002.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

数色使い分けた各部のラッピング

200クラウン

京都府

安村 諒(34)

白と黒のモノトーンで精悍なフォルムへと導いた安村クンの200クラウン。人気のカラーコーディネイトだが、安村クンはラッピングで他と違いを出す。グリルやルーフはカーボン調シート、ドアハンドルとリアガーニッシュは見る角度でブルーパールが浮かび上がるシートを採用した。

主要スペック

◉エアロ:(F・R)エイムゲイン(R)純正+社外(W)富士企画 ◉ホイール:ウェッズ マーベリック605S 19inch(F)9.5Jプラス30(R)10.5Jプラス35 ◉ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン

51-2_230326-user51_006.jpg

メッキ部分をなくしたく、リアガーニッシュをラッピング。テールはスモークで塗装。

51-3_230326-user51_004.jpg

マーベリック605Sは、ガンメタディスクで足元を引き締める。キャリパーは青で塗る。

51-4_230326-user51_007.jpg

ブラックパールコンプリートのグリルも、カーボン調シートで見た目をシャープにキメ。

51-5_230326-user51_008.jpg

ルーフのブラックアウトは定番ワザだから、カーボン調シートを貼って個性を出した。

今はブリッツの車高調で落としているが、「次は足まわりを変更したいと思います」。

51-6_230326-user51_010.jpg
52-1_230326-user52_002.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

スーパーカー風味のブリスター

18クラウン

京都府

河村 祐希(27)

ワンオフで製作したブリスターフェンダーはデザイン性が高く、18クラウンのフォルムをスーパーカー風に見せてくれる。エアロもフェンダーに負けないようにフル加工。深みのあるボディカラーは、マツダのソウルレッドクリスタルメタリック。ルーフは黒で塗装して重心を低く見せる。

主要スペック

◉エアロ:(F・S)Kブレイク加工(R)ワンオフ ◉ホイール:レオンハルト ゲミュート 19inch(F)10.5Jマイナス9(R)12Jマイナス58 ◉ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック

52-2_230326-user52_007.jpg

リアバンパーは面積の大半を占める大きなディフューザーがウリ。塗り分けもワザあり。

52-3_230326-user52_004.jpg

レオンハルトゲミュートは圧巻の深リム。ハイパークロームとゴールドピアスが煌めく。

52-4_230326-user52_009.jpg

ドアノブを取っ払ったリアのブリスター。大きなダクトがスーパーカーを連想させる。

52-5_230326-user52_008.jpg

Kブレイクのフロントに40LS後期のスピンドルグリルを移植。インタークーラーも投入。

クルマ自体はかなり過激な出で立ちだが、オーナーはピカチュウが大好きな癒やし系。

52-6_230326-user52_011.jpg

参加者全員に聞きました! 今回の撮影会でお気に入りの一台は?

◉オーバーフェンダーとピカチュウのインパクトがデカかった。(翔洋サン)

53-1_230326-user53_004.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

アドバンカラーのスポーツVIP

210クラウン

愛知県

服部 恭士(51)

割と年式が新しい210クラウンだが、躊躇せず思いっきりスポーティ路線を突き進む。コネクションロッドで吊ったフロントのフラップ、スソを切り上げてタイヤをおもむろに見せるワンオフのワークスフェンダーなど、唯一無二のワザがてんこ盛り。白×黒のアドバンカラーもまた斬新。

主要スペック

◉エアロ:(F・S・R・W)ワンオフ ◉ホイール:ワーク マイスターL1 19inch(F)12Jマイナス55(R)12.5Jマイナス74 ◉ボディカラー:オリジナルアドバンカラー

53-2_230326-user53_008.jpg

大胆に立ち上がったウイング、左右に振ったマフラーなどリアまわりもワンオフ多数。

53-3_230326-user53_005.jpg

ホイールもコンセプトにマッチしたワークマイスターL1。リムの深さにも目を奪われる。

53-4_230326-user53_011.jpg

内装はエルティードで総張り替え。ブラックホールなどイルミネーションも取り入れる。

53-5_230326-user53_013.jpg

サウンドだけでなく、立体的な作り込みでもギャラリーを魅了するトランクオーディオ。

「オーディオはトランク裏側に描いた月のエアブラシも見て欲しいです」と服部サン。

53-6_230326-user53_014.jpg

参加者全員に聞きました! 今回の撮影会でお気に入りの一台は?

◉レーシングカーをテーマにしたVIPの常識を覆すカスタムが施されていた。(祐希サン)

54-1_230326-user54_002.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

エアサスを組んで楽しく走る!

210クラウン

滋賀県

大矢 健太(36)

「旅行や買い物もできる通勤車」ということで、実用性を考えてエアメクストのエアサスを導入した大矢クン。3ガロンタンクとコンプレッサー2基掛けでスピーディな上げ下げを実現。ホイールのサイズにもこだわり、「19インチだと低すぎるので、少し大きな20インチを選びました」。

主要スペック

◉ホイール:ワーク デュランダルDD5.2 20inch(F)9Jプラス30(R)10Jプラス38 ◉ボディカラー:純正ダークレッドマイカメタリック

54-2_230326-user54_006.jpg

停車中は低さをアピールするためツラウチ、車高を上げればツライチになるように調整。

54-3_230326-user54_004.jpg

スポークデザインにひと目惚れしたデュランダルDD5.2。純正キャリパーは自家塗装。

54-4_230326-user54_008.jpg

赤い王冠マークのプリクラッシュエンブレムは、クルマを降りる友人から譲り受けた。

54-5_230326-user54_010.jpg

左右出しマフラーは86純正出口を流用。リアバンパーとのフィッティングも文句なし。

クラウン仲間から引き継いだパーツはかなり多く、「出会いに感謝です」と大矢クン。

54-6_230326-user54_012.jpg
55-1_230326-user55_003.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

走りを犠牲にしないドレスアップ

210クラウン

滋賀県

桐畑 和憲(32)

街乗りメインということで、ハデさを抑えてシンプルにドレスアップ。フロント&サイドのエアロは、小振りでさり気ないサイズ感のTRD。リアはマフラーの交換に伴い、3.5リッター用のディフューザーをセレクト。内装はワインレッドのシートカバー、スピーカー交換で快適な空間を作る。

主要スペック

◉エアロ:(F・S)TRD(R)3.5リッター用(W)純正 ◉ホイール:レオンハルト ゲーヴェル 20inch(F)9J(R)9.5J ◉ボディカラー:純正ダークレッドマイカメタリック

55-2_230326-user55_008.jpg

レーシングギア車高調でローダウン。通勤で使うため、下げ過ぎないように気を使う。

55-3_230326-user55_005.jpg

動きを感じるスポークデザインが特徴の、レオンハルトゲーヴェル20インチをセット。

55-4_230326-user55_009.jpg

フォグのバルブはホワイト&イエローの切り替え式。メッキのガーニッシュも添える。

55-5_230326-user55_011.jpg

エクスアートのマフラーはガソリン車用。車体はハイブリッドなのでレイアウトを変更。

「通勤仕様ですがサウンドも欲しくなって、ガソリン車用のマフラーを加工しました」。

55-6_230326-user55_013.jpg
56-1_230326-user56_002.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

わざわざ海外から取り寄せたMAE

14マジェスタ

京都府

中村 謙太(25)

父から受け継いだ14マジェスタは、走行距離がまだ3万キロという極上車。その良さを最大限に生かし、最小限のワザで勝負。純正パールツートンのまま、エアロレスでシンプルに決める。足まわりは純正エアサスのエア抜き加工やSSキット程度で、極端なキャンバーは付けていない。

主要スペック

◉ホイール:OZ MAE 18inch(F)9.5Jプラス24(R)9.5Jプラス18 ◉ボディカラー:純正パールツートン

56-2_230326-user56_006.jpg

内装は配線を引き直して社外ナビを投入。スピーカー類はロックフォードと快適な仕様。

56-3_230326-user56_004.jpg

今や入手困難なMAE。海外から輸入し、リバレルとPCD加工でスマートに履きこなした。

56-4_230326-user56_009.jpg

外装はほぼ触っていないが、小さくても存在感が光っているのが純正コーナーポール。

56-5_230326-user56_010.jpg

触媒はドレスアップキングに変更。リアピースはジャンクションプロデュース左右出し。

14マジェに履くことを想定してリバレルしているから、「ノースペーサーが自慢です」。

56-6_230326-user56_012.jpg

参加者全員に聞きました! 今回の撮影会でお気に入りの一台は?

◉本当にクルマが好きなのが伝わった。(拓也サン) ◉古いのに大事にいつまでも乗っていることが素晴らしかった。(風真サン) ◉自分も昔乗っていたクルマで、あの年代のクルマを今も大事に乗っているのが選んだ決め手。(卓也サン) ◉以前、14マジェスタに乗っていたこともあり、興味があったのと、たまたま隣になり、仕様などの話をオーナーさんとできました。後期、Bタイプ、マルチ、サンルーフ。この個体はまず見つからない。走行も3万キロと極上。MAEホイールも似合っていました。(亘サン)

57-1_230326-user57_002.jpg

クラウン&マジェスタ 100台|撮影会

今度はディッシュで気分一新!

17マジェスタ

兵庫県

坂本 亘(46)

本誌の表紙も飾った坂本サンの17マジェ。「純正昇華」というテーマで気付かれにくいマニアックなワザにも力を入れているが、今回はホイールを変更。スリムな5本スポークのOZフッツーラから、ディッシュのロリンザーRSKⅢでイメージチェンジ。スペーサーでツラ具合を調整。

主要スペック

◉エアロ:(F・S・R)エイムゲイン加工(W)ジャンクションプロデュース加工 ◉ホイール:ロリンザー RSKⅢ 20inch(F・R)9.5Jプラス44 ◉ボディカラー:NSX純正ベルリナブラック

57-2_230326-user57_006.jpg

エアロはエイムゲインをベースに、純正フォグの移植など限りなくシンプルにフル加工。

57-3_230326-user57_007.jpg

外観は限りなく純正然とした装いだが、エンジンルームは塗装してギャップで魅せる。

57-4_230326-user57_010.jpg

内装も日々進化中で、今回インパネの一部を新品のアニバーサリーエディションに変更。

57-5_230326-user57_008.jpg